平成22年度 事業報告

平成22年4月1日から平成23年3月31日まで

1 事業の成果
 22年度は、どの育成協会出身の引退犬にも支援していこうと言う会発足時に掲げた目標の1つに大きく近づきました。日本ライトハウス盲導犬訓練所を始め、アイメイト協会、中部盲導犬協会、東日本盲導犬協会、関西盲導犬協会、日本盲導犬協会、九州盲導犬協会の7団体の引退犬と、介助犬の引退犬にも1頭支援することができました。訓練所から紹介されて支援を求めてこられた方も多く、各訓練所が当会の活動をご理解頂いた結果だと思います。支援金を請求される方の増加はもちろんですが、カートやスロープ等のレンタル品も希望者が多く、一時は6台のカートの在庫がなくなるほどでした。メーカーや販売店の協力で介護用品、犬具、サプリメントを支給したり、安く斡旋できました。支援した引退犬ボランティアにはモニター役も務めてもらい、より良い支援品の開発に役立ちました。月1度のシャンプーデーには、毎月10〜15名の方が、会報の発送などの作業を手伝ってくださっていて、ボランティアも定着してきたのではないかと思います。
啓発活動においては、奈良点字フェスタ、ふれあい大会、平城遷都祭発信NPO!に参加して、地元の方々に当協会を知ってもらうことができました。また、観光客にも引退補助犬支援の必要性を訴えることができました。
 育成・利用に関する事業では、補助犬の育成の目的で今回は日本ライトハウス盲導犬訓練所に10万円の寄付をいたしました。
2 事業の実施に関する事項
  (1) 特定非営利活動に係る事業
補助犬育成・利用に関する事業
    育成費用として日本ライトハウスへ10万円寄付

補助犬の啓発に関する事業
    街頭募金                        6回
     (大阪コミュニティライオンズクラブ応援2回)              
    各種イベント・学校訪問                9回
    会報発行                         3回
    

補助犬に関する調査・研究事業
    年間を通して随時

補助犬の終末支援に関する事業
      一般支援費                    19件
      慢性病支援金               2
      介護用品の支援                90件
      高額医療費補助金                3件
      カートなどの貸与品               29件
      サプリメント支援                        103
      シャンプーデー                  11回
      研修会                       1回
      ホームページの掲示板で情報交換  年間を通して随時

補助犬等補助具の開発、製作及び支援事業
      年間を通して随時
 (2) その他の事業
物品販売等に関する事業
    イベント等でチャリティ品を販売               6回
    ホームページでチャリティ品を販売   年間を通して随時
平成22年度 活動計算書
平成22年4月1日から平成23年3月31日まで
収入の部 支出の部
会費・入会金収入 1,073,000 補助犬育成・利用に関する事業 100,000
事業収入    75,552 補助犬の啓発に関する事業 955,283
寄付金・募金収入 5,188,743 補助犬の終末支援に関する事業 2,403,321
物品販売等に関する事業収入 2,038,790 補助犬に関する調査・研究事業 0
その他の収益
1,042 補助犬等補助具の開発、製作及び支援事業 35,550
         物品販売等に関する事業仕入 1,592,114
       事業費計 5,086,268
       管理費 2,305,813
収入合計 8,377,127 支出合計 7,392,081
                                                     経常収支差額 ¥ 985,046
平成23年度 事業計画書
平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
1 事業実施の方針
 本年度も昨年に引き続き引退犬の支援を中心にすえ、支援金や支援品を必要とされている方に確実に届けられるように広報活動に力を入れていきたいと思います。また、よりニーズに合った支援品の開発に努めます。各補助犬育成協会には今まで通り、引退犬担当者に会報や支援プログラムの情報を発送するなどコンタクトをとって、当会の支援活動への理解を深めるように努めます。さらに、補助犬の引退時に引退犬ボランティアへ当会のパンフレットを手渡して頂くようにいたします。
啓発活動に於いては、昨年同様、街頭募金においてのチラシ配布や、各種イベントでのパネル展示等を行い、啓発に努めます。昨年度末に起きました東日本大震災にあたり、当会でも引退犬支援の募金を返上して被災した視覚障害者の為の街頭募金を4月に実施しました。今後も、可能な範囲で少しでもご協力させて頂きたいと思います。
 また今年度は震災の関係もあり、寄付や募金収入が非常にきびしい状態になるのではないかと思います。なんとか他の収入源を工夫して、資金の確保に努めて行きたいと思います。

2 事業の実施に関する事項
 (1) 特定非営利活動に係る事業
補助犬育成・利用に関する事業
     未定

補助犬の啓発に関する事業
     街頭募金                        7 回
    (大阪コミュニティライオンズクラブ応援 2回)            
     各種イベント・学校訪問                4 回
     会報発行                         3回
     

補助犬に関する調査・研究事業
     年間を通して随時
補助犬の終末支援に関する事業
     一般支援費                          20件
     介護用品の支援                      80件
     高額医療費補助金                     4件
     慢性病支援金                 2
     カートなどの貸与品                    30件
     シャンプーデー                       10回
     研修会                          1回(2月)
     ホームページの掲示板で情報交換   年間を通して随時

補助犬等補助具の開発、製作及び支援事
     年間を通して随時

 (2) その他の事業

物品販売等に関する事業
     イベント等でチャリティ品を販売           5回
     ホームページでチャリティ品を販売  年間を通して随時
平成23年度 会計収支予算書
平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
収入の部 支出の部
会費・入会金収入 1,000,000 補助犬育成・利用に関する事業 100,000
事業収入 9,000
補助犬の啓発に関する事業 1,000,000
寄付金・募金収入 3,000,000 補助犬の終末支援に関する事業 2,430,000
物品販売等に関する事業収入 2,000,000 補助犬に関する調査・研究事業 30,000
雑収入 1,000 補助犬等補助具の開発、製作及び支援事業 50,000
前期繰入金 2,000,000 物品販売等に関する事業 1,400,000
          事業費計 5,010,000
          管理費 2,450,000
          予備費 550,000
収入合計 8,010,000 支出合計 8,010,000
                                                        経常収支差額      ¥ 0