写 真 館
老犬たちの生活をご覧ください
お茶目な写真やおすましの写真など素敵な写真が届きました
引退犬のアルバムT 活動協力犬のアルバムT
引退犬のアルバムU 引退犬のアルバムV

引退犬の写真を募集しています。トップページの“お問い合わせ”からお送りください。
犬の名前と一言コメントもお願いします。

引退犬のアルバムT

ゆ き 18歳 キ ッ ド

共に迎えることが出来るとは思っていなかった春。
嬉しくて嬉しくて、桜の下で記念写真を撮りました。

新しいお父さんとお母さんは、ボクをとても可愛がってくれました

 
グレッグ 

ケビン 13歳

キャップ1杯のジュースを水で薄めたものを
支えてもらって飲んでます。
ボク、年の割には毛艶が良いってほめられるんだよ。

シャックルズ   92.3.6生まれ ラブ   93.7.25生まれ
僕、目におできができちゃった。
カラーつけたままでごめんね。たくさんの、
僕の子供達がんばっているかな?
そろそろ引退する子もいると聞きます。
わたくし、少し太めになっちゃったけど
相変らずフランス人形みたいに美しいでしょ?
子供達ママよ、おひさしぶりね。
シャックルズとラブのペアでたくさんの盲導犬を生み出しました

チャプレ 8歳
ペイジ 11歳
誕生日にもらったおもちゃだよ。
お庭を自由に歩いて元気にしています。
犬4匹、猫2匹と仲良く暮らしてます。
皆のアイドル的な存在です。

シルキー
プーマ

15歳2ヶ月になったシルキーは、
数日前から寝たきりになりました。
3つの病気を持つ彼ですが、
その名のとおり白くてきれいな被毛は、
まだまだ変わりはありません。

何でも食べるので、
1年で大阪へ戻ってきました。
新しいうちで、大病を患いましたが
やっと落ち着いてきました。
今は2匹の先住犬と仲良く、
ゆったりした生活に喜んでいます。 

ボニー   9歳

在りし日のピアス 20059月永眠

シャックルズパパとラブママの子です。
パパ、ママ。私ユーザーに、いっぱい愛されて幸せだったよ。
いつも、ピカ☆ピカ☆ボディにしてくれてたし、
ありがとう。いい子だね!っていっぱいほめてもらってたよ。
これからは、育ててくれたPWのところで、
第3の犬生の始まり!いっぱい、楽しむの〜〜。
パピーの頃のお友達が、お帰り!って
なでなでしてくれるんだぁ〜〜。
同居犬のプクと猫のニャゴと仲良しで よくひっついていました。
左上は、ピアスのお誕生日です。缶詰のフードを骨型にしたケーキで祝ってあげました。前に置いてあるのは、ピアスのユーザーからいただいたプレゼントです。
記念撮影より「早く食べさせて」と言いたげです。
毎朝のお楽しみ。ヨーグルトのカップをなめるのが好きで、
よく顔を突っ込みすぎて取れなくなってあせってました。
引退した後も、ご近所さんからも可愛がられ愛されていたピアス。
素敵な思い出だけを残して虹の橋を渡ってしまいました。
もっと長く一緒にいたかったです。

ニール

アーマ 平成12年11月13日生まれ

散歩に出ると ご近所から声をかけてもらいニールも嬉しそうです。
家ではコタツのそばで眠り、のんびり過ごしています。
繁殖犬引退のアーマです。H17年11月13日で15歳。
昨年の前庭疾患の病気を乗り越え、
見違えるほどに元気になりました。
今までアーマとともに数々の旅行を楽しんできました。
存在しているだけで癒してくれる宝物です。

ルーク  1991年11月25日生れ  

アリサ 8歳

ライトハウスから我が家に来て9年9ヶ月。
沢山の方々に接してラブラドールの素晴らしさを知って頂いたから
でしょうか。今ではご近所に黒ラブが3家族、ベージュが2家族。
「これはルークの偉業だ。」などと思うのは親バカでしょうか。
本当に沢山の幸せをくれたルークです。

引退して、朝の日課となったルナとのガウガウ遊び、
ずっと美味しいものが食べられるようにと歯磨きを怠らず、
眠る時はソファベッドで眠る心地よさをサニーたちから教わり、
のんびりと暮らしています。

現役盲導犬の講演会に出席し、
盲導犬 リタイア犬啓発に貢献しています。
講演前の打ち合わせ中も、もちろん
講演中もダウンスティをくずしません。
現役を退いてもさすがです。
講演後の触れ合いタイムです。
触ってもらう事より大勢の人に
注目されるのが大好きです。
股関節が悪い為 
地上でのボール投げは禁止されました。
しかし 泳いでレトリーブはOK。
水上では、がぜんハリキリます。
一人と二匹 とっても仲良し・・・
と言う訳じゃない 
とっても仲悪い・・・と言う訳でもない
 これが円満の秘訣?
上段左 ハイジ    右 フレッチャー
下段左 ウィンター     右タン
ティップ

 みんな優しい穏やかな顔をしていました。
お世話になった皆さん・ パピーウォーカーさんに元気にしています。
引退犬ボランティアさんからご安心くださいとのことでした。
  
                 ライトハウス ボランティアデーにて      06年5月記  


クレイ バロン
徳島に住んでいる引退犬のクレイが徳島の盲導犬を育てる会に
遊びに来てくれました。姉妹のカレンと一緒に写真に収まりました。
左がクレイくんです。子どもに帰って遊ぶ姿が印象的でした。
楽しい思い出をたくさーん作ってほしいです。
左上 昨年のクリスマスにはサンタに変身してご近所の皆様にご挨拶。
トナカイにも変身してご主人様をリードしました。
左下 昆陽池の阪神・淡路大震災の追悼式に、
ご主人様と毎年ボランティア参加しています。
今年の1月16日から17日にかけて参加した記念の一枚です。
右上 お気に入りのクールマットです。
中身は高分子ポリマーでひんやりとやわらか。
これからのシーズンには必需品。夢はワールド・カップで、
ベッカム君とボールの追いかけっこ。
右下 ボクの専用バロン・カーです。移動はゆったりと楽しんでいます。
後部席は、ボク以外立ち入り禁止ですし、
クールマットも完備で、オールシーズンOKです。


人間のために働いてくれた犬たちが最期まで幸せに…それが日本サービスドッグ協会の願いです